「白芝」を買ってみた

巷で噂の「白芝」を買ってみました。

白芝とは、東芝製のSDHCカードのことで、特に海外向けに作られた物の事を指すそうです。
モンスターハンター3Gのプレイヤーなどを中心に人気になったようです。
なぜかというと、MH3GはSDカードにセーブをする関係上、3DSに付属のSDカードでは時間がかかるそうです。(僕はMH3Gを持っていないので分からないのですが)
しかしこの白芝を使うと、セーブ時間が約半分まで短縮できる!という噂が広がり、
さらに海外向けは安い!ということで一気に日本国内で人気になったようです。
しかし、海外向け製品なので、日本国内で保証等を受けることは出来ません。
この点は注意が必要ですね。
日本での保証が必要な場合はこちらでしょうか。

これは普通に日本向けの商品ですが、おそらくモノ自体は上のものと同じかと。
少し割高ですが、それでも安いです。
こちらもなかなかおすすめかも知れませんね。

え?なんで買ったかって?
そりゃあもうNEWラブプラスに向けてでしょう。
来週発売ですよ!

追記:今回僕が買ったのはおそらくMLCというチップを搭載したモデルです。
本当はSLCチップを搭載した白芝がとてもコスパがいいのですが、今はもう殆ど流通していないようです。東芝というそれなりに信頼できるであろうメーカの8GB SDHCが1000円ちょっとで入手できるということだけでも、十分だと思いますが。
Class 10なので、10MB/sは保証されていますし、このパッケージには
Read 23MB/s  Write19MB/s と書かれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。